桜の時期に楽しむ登山 : hilubbocktowers.com

沖縄には本部富士と呼ばれる山があって、標高は240mとも250mといわれ、ちょっとした登山のできる山です。

沖縄の本部富士と呼ばれるところに登山をする。

桜の時期に楽しむ登山 : hilubbocktowers.com 沖縄には、富士の冠名をつけた山が存在していたりします。この山は、いろいろな登山の本には載っていないかもしれないほどのマイナーな山のようですが、それでも、一応、山ということで、その入り口が存在していたりします。この山というのは、沖縄県本部町の山里に存在しており、富士山の形をしておりますが、標高が240mとも250mとも言われているほどの山です。でも地図には、その名前があるものとないものがあるほどの山ですが、現地に行くと、その存在がわかる山でもあります。

この山というのは、周囲が炭酸ガスを含んだ雨によって、石灰岩が浸食され、独特な形になって、熱帯雨林の円錐カルストと呼ばれる丘陵地を形成しているところでもあります。その土地の成分である石灰岩があるところに、特有の植物が生えていたりしています。また、このあたりの光景というのは、古墳がたくさん帯をなして並んでいるような感じに山々が並んで見えるところであります。では、この本部富士を頂上まで登ってみるにはどするのかというと、円錐カルスト国定公園遊歩道場にある本部富士の標識を見つけると、そこが入口ということで、これを登っていくことになります。

それを登っていくと、勾配のあるところとか、ロープをつたって登っていくところとかあって、まるで、登山をしにきたという光景が一瞬ですがあります。そのような苦労を少しすると、頂上に到着し、そこにはポールが立っていたりします。

おすすめ情報

Copyright (C)2017桜の時期に楽しむ登山 : hilubbocktowers.com.All rights reserved.